生前整理をしておこう!

oi;oh
高齢化社会になるにつれて注目され始めているのが生前整理です。自分の家族に迷惑をかけないためにも、必要なものと不必要なものをしっかりと分ける必要性が見直され始めました。
年齢が上がれば上がるほど断捨離などをする時間が限らてきます。常日頃から効率良く断捨離をすることが、生前整理の基本的なサイクルになることを自覚する必要があります。

必要なものだけ家に置こう。

生前整理で一番大切なことは、必要なもの以外は持たないということです。これは生活していく上でも重要な部分を占めています。部屋に入らないものが溢れていると生活の動線の確保が大変に生活リズムを乱す原因にもなります。
また遺品整理を行う場合、残された家族にかけてしまう負担も大きくなります。生前に使っていたものを遺族が整理することは大変なことです。精神的な負担はもちろん、肉体的にも負担をかけてしまうことになります。
残される家族のことを考えているのなら、普段の生活の中に必要なものと不必要なものを、しっかりと見極めて整理できるようにしておきましょう。生前整理は年齢に関係無く大切なことです。

身の丈にあった生活スタイルを送ろう。

生活していく上で、時間と共に部屋の荷物が増えていきます。衝動的に買ってしまった衣類や靴、必要だと思って買ったのに一度も使わなかったり。荷物が増えていく理由は生活の中に溢れています。
生前整理を行うのに年齢は関係ありません。自分の身の丈にあった生活スタイルを確立することができれば自然と行うことができるからです。例えば、衣類は季節に応じて衣替えを行います。その時に必要なものと不必要なもので分けるようにするだけでも荷物を減らすことができます。
断捨離雨を行うタイミングとして季節の変わり目、もしくは年末などのイベントがある時に行うと効率的です。ただ捨てることに抵抗のある人はリサイクルショップに持ち込んだり、フリーマッケットや慈善団体に寄付する方法も効率的です。

断捨離を意義あるものにする。

私物を処分することは少しでも抵抗を感じたり、持っないないという感情になるのは当然のことです。その気持ちを改善できる方法があります。金銭的にもったいないと感じる人はリサイクルショップに、ただ捨てるのがもったいないと感じる人は慈善団体に寄付するといいでしょう。
持ち物を手放すことが次につながり、誰かの役に立っていると思うことで精神的な壁を緩和することができます。実際に衣類などを必要している人は世界中にいます。慈善団体に寄付することが一番意義のあることだと言えるかも知れません。

まとめ

lpoyjtdyd
生前整理のポイントは、迷うこと無く必要なもの以外を手放すことが大切です。せっかく買った衣類や家電を捨てるのはもったいないと感じるかも知れません。しかし、だらだらと手元に置いておくとは逆効果になります。
衣類の場合は、手元に置いておく枚数を決めておくと無駄に増えることはなくなります。家電などの場合は5年に一度買い換えることがポイントです。家電の場合は年数が7年を過ぎてしまうとリサイクルショップなどでも買取をしてくれ無くなります。
5年というサイクルは商品としての価値を保持できるギリギリのラインになります。生前に無駄ものを溢れさせないためにも効率良く必要なものを古いものから新しいものに変えていくサイクルを確立することが大切です。まずは必要なものと不必要なものを分けることから始めてみましょう。
●遺品整理でお困りの方は、遺品整理の代行業者110番にご連絡下さい。

新着情報

◆2016/04/19
生前整理をしておこう!の情報を更新しました。
◆2016/04/19
リミットを設定しよう!の情報を更新しました。
◆2016/04/19
仕分け上手になろう!の情報を更新しました。
◆2016/04/19
断捨離上手になろう。の情報を更新しました。
◆2016/04/14
プロフィールの情報を更新しました。